エクラシャルム 全成分

エクラシャルムの全成分は何?ニキビに本当に効くの?

エクラシャルムは、ニキビ対策用のオールインワンジェルです。ニキビって、突然できるイメージだけど、実は、長い間かかってできるものなのです。毛穴に少しずつ皮脂がたまっていって、毛穴からはみ出すぐらいになって、ようやく手で触れてわかる。

 

エクラシャルムの全成分って、そんな毛穴にたまった皮脂を排出させて、そして、皮脂が過剰分泌されないようにするものです。着色料など無添加処方で、全成分中80%以上が美容成分、という贅沢なジェルです。

 

エクラシャルムの全成分一覧表をみてみると、同じ名前の美容成分なのに名前の前に加水分解とか水溶性とか、ついています。これが、美容成分の分子量を小さくして肌の奥に浸透させると同時に、肌を保護するという、美容成分のダブルの働きをしているのです。

 

●美容成分のダブルの保湿
・ヒアルロン酸と加水分解ヒアルロン酸
・水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲン
・加水分解エラスチン
・水溶性プラセンタエキス
エクラシャルムの全成分一覧表には、上のような名前がのっています。
ヒアルロン酸とかコラーゲンとかエラスチンとかは聞いたことがあっても、「加水分解」とか「水溶性」はなじみがないかも。

 

分子量が大きいヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンは肌表面の保湿にはいいけれど、肌内部にまではなかなか浸透しにくい。なので、加水分解して分子量を小さくしたり、抽出したものを水に溶かして水溶性にしたりして、肌に浸透しやすくするのです。

 

浸透成分としては加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン。肌表面を保湿して保護する成分としてヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、水溶性プラセンタエキスという具合に、肌表面の保護(コート)と肌内部の浸透というダブルの保湿ができるのです。贅沢ですよね。エクラシャルムの通常価格が10,584円(税込)というのも納得の成分です。

 

●グリチルリチン酸ジカリウム
エクラシャルムに含まれるもう一つの有効成分です。ちょっと覚えにくい名前ですが、敏感肌用の化粧品には結構、含まれている成分です。ニキビなどの炎症を抑えてくれる抗炎症作用の強い成分です。

 

ニキビって、段階を踏んでひどくなっていくのです。白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビっていう感じです。毛穴の中にある皮脂を食べて繁殖していくアクネ菌が活発になると、炎症が始まります。段階でいうと赤ニキビの段階です。

 

この炎症を抑えておかないと、膿をもった黄ニキビになってニキビ跡やクレーターになってしまうことも。エクラシャルムは、グリチルリチン酸ジカリウムの高配合で、赤ニキビになってしまっても対応してくれる頼もしいジェルです。

 

●濃グリセリン
グリセリンは聞いたことがあるかもしれませんが、濃グリセリンはあんまり、という感じですね。そのものズバリで、通常のグリセリンより濃度が濃くなっている(98%以上)グリセリンです。保湿力が高くて肌なじみがいいです。

 

グリセリンとコラーゲンの違いは、グリセリンはまわりの水分を捕まえることで保湿し、コラーゲンは肌に膜をはって水分が蒸発するのを防ぐ働きをします。両方含んでいるエクラシャルムは、やはり、保湿と保護のダブルの効果が期待できますね。

 

エクラシャルムは、グリチルリチン酸ジカリウムでニキビの炎症を抑え、十分な保湿成分で肌の生まれ変わりを促進させて余分な皮脂を排出させて、肌表面を保護することで、皮脂が過剰分泌されないようにするものです。これらの成分のおかげで、ニキビが悪化せずにニキビ跡も予防できてキレイになるのです。

 

わかりにくい成分の説明だったかもしれませんが、エクラシャルムの公式サイトには、わかりやすくのっています。今までのニキビケアでは効かなかった方にも参考になるかもしれませんね。

 

>>エクラシャルムの詳細はこちら

関連ページ

エクラシャルムはシミも薄くしてくれる?【ニキビ跡はシミだった!?】
エクラシャルムはニキビ対策のジェルです。ですが、シミにも効果的です。それは、ニキビ跡は炎症後色素沈着っていうシミだから。エクラシャルムはニキビ跡にも効きます。
愛用している芸能人って誰?【話題のアノ人も愛用中!】
エクラシャルムは雑誌で紹介されて、いまやモデルさん中心に芸能人でも人気が広まっています。気になる芸能人がエクラシャルムを愛用していると使いたくなりますね。